fc2ブログ

新型Be-camとカ〇ロードの比較

今回は色々比較検討されている皆様に改めて新型いすゞBe-camの良さをお伝えしたいと思います。

近く発表される新型いすゞBe-cam、先に発表されたいすゞELFから専用カスタマイズされて登場となる訳ですが、
2m×5m位のキャブコンを検討される方から見て、
比較される事の多いカ〇ロードに比べ、優っている所をピックアップしてみました。
分かりやすい様に同等の装備等は割愛させて頂きます。

表

ご覧の通りBe-camは全ての性能でカ〇ロード上回り、一段上の車格なのが分かります。
同等のリヤボディを架装したとすれば、全ての部分に余裕が生まれる事と成り、
これが別格の安全性、快適性を実現している理由です。

17年ぶりにフルモデルチェンジしたELF、Be-camには、
カ〇ロードには未搭載の最新安全装備が多く付いています。 

レベル2自動運転に相当する全車速車間クルーズ&レーンキープアシスト
バースト等を予防する、タイヤ空気圧モニタリングシステム
事故や交通違反を予防する、標識認識機能&標識連動型スピードリミッター
運転手の異常時に注意喚起、安全な停車等をサポートする、ドライバー異常時対応システム&ステータスモニター
・前方のみではなく右左折時にも注意喚起、緊急停車をサポートするプリクラッシュブレーキ
 等です。
ここに記載されていない安全装備が他にも沢山あります。

架装されるリヤボディや装備等は購入後でも手を加える事は可能ですが、
ベース車部分の不満・不安は、車検や保証も考えると車自体を乗り換える事しか解決出来ません。

高額な買い物となるキャンピングカー。 絶対に後悔はしたくないと思います。
その点、新型いすゞBe-camなら安心です。

これだけ優位な点がある新型Be-camをベースにし、同じ様なオプション装備を付けた時に
価格的にも他車と同等となるNTB期待の新型車 AKATSUKI に是非ご注目ください。

あかつき



スポンサーサイト