fc2ブログ

最後の1台 その名もイーグル

こんにちは。日本特種ボディー営業の橋本です。

前回、営業の加藤からもご案内いたしましたが、
イーグル1 4WDの販売がラスト1台となっております。
(車両は現行Be-cam 新車です。)

イーグル1写真

そこで今回は改めて、
EXPEDITION EAGLE(エクスペディション・イーグル)に
ついて簡単にご紹介させていただきます。

このイーグルは災害支援団体と共同開発したモデルであり、
基本は【災害支援車】としてがコンセプトでありましたが、
実はとてもアクティビティな車両となっております。

特徴としては、
先ずは運転席キャビンと後部居住空間の分離でしょうか。
キャビンと居住空間を分離することにより、悪路走行時のボディのねじれに対応できます。

分離しているので、運転席と居住空間が別となり運転手(恐らくお父さんがドライバー)が
寂しくなってしまうのではないか?という不安もあるかもしれません。

安心してください。オプションにはなりますが、キャブアクセスがあれば
運転席と居住空間の行き来が可能になりますし、会話もできます。

次にデパーチャーアングルでしょうか。
そもそも通常のキャンピングカーより車高が高くなっておりますが、
最後部のエッジ処理によりデパーチャーアングルを通常より確保しております。

これにより前後左右が不揃いに隆起している険しい山道や悪路でも
路面を追従していけます。

また外装のワイルドさも申し分ないです。
運転席上部のキャリア、付属のラダー、リアのエアコン室外機、スペアタイヤ、頑丈且つ堅牢なボディ、外装デザインとカッコイイ要素がいっぱいです。

しかし内装のスタンダードさは忘れずに
無駄のない仕様や品質、上品さも兼ね備えています。

車両の名称であるEXPEDITION EAGLEの【EXPEDITION】は【冒険者・探検者】という意味ですが、その名の通りどこでも行けるようなキャンピングカー仕様になっていると思います。

間違いなく他のキャンピングカーとは違った遊び方ができるので、
ぜひこの唯一無二のイーグルで踏み込めずにいた新たな領域をお客様には攻めて欲しいです。

そして何度もお伝えしておりますが、
車両の基本であるベース車はいすゞのキャンピングカー専用シャシーBe-camを使用しているので、高性能、高安全性を実現しております。

エルフは走行距離60万キロ70万キロは当たり前という性能。
乗用車とは比べ物にならない程、耐久性がございます。

また普通のキャンピングカーなら廃車になる程のダメージをボディに受けたとしても、
分離型のイーグルは架装部分を簡単に移設することができます。
大事にお使いいただきたいのが前提にはありますが、
その気になれば半永久的にイーグルに乗れるということです。

安全に楽しくアクティブに乗れるイーグルを永遠の相棒として、
最後の1台としてもお勧めな車として、
いつまでもお客様の側に置いておいて欲しい思いでいっぱいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。          NTB 橋本

スポンサーサイト