FC2ブログ

マックスファンあるいは(きのこがもらたす予期せぬ奇跡)

HORIZON_0001_BURST20210219163744088_COVERm2.jpg
ありがとうございます。
A知県のM様に納車致しました。

キャンプは、お子様のために行くようになったそうです。
長野や富士山周辺はよく行ったとか。

SAKURAをお選びになった理由は、1にも2にも安全性だと仰います。Wタイヤ、ハブボルト、運行サポート、日本製であること。どれも自慢できる、弊社製品の特色です。
HORIZON_0001_BURST20210219155830241_COVERm.jpg


実はこちらM様の案件、営業・加藤が入社した当時の、初のお客様です。加藤が契約し、加藤が製作現場に指示し、加藤が納車しました。
「より感慨深いお客様」と申しております。
ご契約は、イベント会場「あいちキャンピングカートレンド」でした。
お客様の自由な発想にとことんまで付き合わせて頂く弊社の商談は、ご納得までに多くの時間が必要です。
M様もまたご多分に漏れず、じっくりと向き合う作戦ミーティングとなりました。結果、フェス終了の時刻を過ぎ、他者の撤収作業の中、テーブル(Coleman)で真剣勝負が続いたのです。
代表・蜂谷や当時の営業部長、先輩社員なども援護射撃に加わり、熱い論戦(?!)の末に頂いたご契約でした。
DSC_0628m.jpg
DSC_0629m.jpg
DSC_0630m2.jpg



論戦の難題だったのは、M様ご自宅のカーポートの屋根と、弊社SAKURAの高さでした。
何度も計算しなおし、確認に確認を重ねた結果の構成です。数ミリの「ちりつも」でクリアランスをはじき出しました。
その主な内容は、
・マックスファンの採用を見送り、きのこファンを選ぶ
(同時に、どうせならソーラーパネルを6枚に)
・190Ahのサブバッテリーを採用し、車重を稼ぐ→サスペンションを縮める
などです。
こうしてなんとか、屋根の高さに車輌をフィットさせ、ご購入が可能となりました。
車高を抑える目的の副産物として、電気フル装備を手に入れて頂けたのです!

納期までの間(お待たせして申し訳ないです)のキャンプは、レンタルで不便を感じながらもテントは買わずに借りました。SAKURAを契約したからです。

ご納車時に、お子様がとにかく活発ではしゃぎまわっていました。水たまりに突っ込み、泥だらけでSAKURAに突進!なんとも微笑ましい元気っぷりでした。
大丈夫、汚れても平気!SAKURAはタフです。

SAKURAで、まずは志摩半島の先端でキャンプをしたいそうです。
そしてパンデミックが穏やかになれば、5月の連休は北海道行きを希望されてます。手前どもの北海道支社に寄ってみたい、メンテが出来るならなお安心してツーリングが続けられる、と仰って頂けました。
エネルギーいっぱいのご家族をしっかりサポート致しますよ!

M家ご一同を見送りながら道中の安全を祈るわたしたちなのでした。
DSC_0635m2.jpg



と、ご帰宅後。
早速、加藤へメール。
1613819022586.jpg
頂いたカーポートのお写真
1613819039324.jpg

隙間が3センチほど!ジャストフィット!
車高を調整するための様々な施策が奏功したようで、弊社代表以下一同、ほっとした瞬間でした。

ありがとうございました!



スポンサーサイト